借り換えは消費者金融でやるべきか?メリットとデメリット

借り換え先に消費者金融に選ぶ場合はメリットもデメリットもあります。

消費者金融で借り換えるデメリット

 

消費者金融に借り換えるデメリットとしてはやはり低金利に借り換える意味でのメリットが薄れてしまうということです。


もちろん金額も多少大きくなるでしょうから消費者金融でも金利が低くなるのですが、最大限に低金利のメリットを活かすのであればやはり銀行の借り換えに適したカードローンが一番有効になってきます。

低金利な銀行の借り換えに適したカードローン

三井住友銀行カードローン

金利年4.0%~14.5%
限度額最高800万円

低金利な安心できるメガバンクの三井住友銀行カードローンは、小額借入も可能な万能銀行カードローンです。借入可能額は最高800万円までで、金利年4.0%~14.5%はかなりの低金利。

カードの利用は三井住友銀行のATM、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATMなどで利用できます。三井住友銀行に口座がない方でも申し込みが可能で、全国に多数あるローン契約機(ACM)でもカード発行することも可能です。

消費者金融で借り換えるメリット

消費者金融で借り換える一番のメリットはやはり審査能力があるのでただでさえ厳しい借り換えの際の審査でもしっかり審査してもらえるということです。

借り換えでなくても低金利な銀行のカードローンは非常に審査が厳しい事でも有名です。今回すでに負債を抱えている借り換えの状態なら尚一掃厳しくなるのは目に見えています。

 

借り換えをしようと思っても審査が通らなければ意味がないので少し金利を払ってでも高額借り入れなら消費者金融もぐっと金利が下がるので借り換えてもメリットはあります。


高額の借り換えの場合も審査においては大手消費者金融が有利です。総量規制の問題も借り換えの場合は例外にあたるので心配ありません。申込の際に借り換えである事をしっかり伝えて例外処理で申込をすれば大丈夫です。

総量規制の例外で借り換えも可能な大手消費者金融のカードローン

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス



プロミスレディース
実質年率年4.5%~17.8%
限度額最高500万円

総量規制の範囲を超えていても申込可能な、プロミスの貸金業法に基づくおまとめローンなら総量規制の例外で申込可能になります。このプランの場合は借入可能額は最大300万円と低くなりますので金利は実質年率6.3%~17.8%になります。追加借入は出来ませんので返済専用のプランになりますが銀行カードローンが借り換えを自粛している中ありがたいローンです。

総量規制の範囲内での借り換えならフリーキャッシングでも申し込みが可能ですし、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)もありますので迷いなく申込めます。

アコム 三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率年3.0%~18.0%
限度額最高800万円

総量規制の範囲を超えていても申込可能な、貸金業法に基づく借り換え専用ローンなら総量規制の例外で申込可能になります。このプランの場合は借入可能額は最大300万円と低くなりますので金利は実質年率7.7%~18.0%になります。追加借入は出来ませんので返済専用のプランになりますが銀行カードローンが借り換えを自粛している中ありがたいローンです。

総量規制の範囲内での借り換えならフリーキャッシングでも申し込みが可能ですし、最大30日金利ゼロサービス(35日毎返済を選択することで利用可能)も利用できます。申し込みはフリーキャッシングになりますので、申込後にアコムに電話して貸金業法に基づく借り換え専用ローンを利用する旨を伝えた方が確実です。

アイフル

アイフル
実質年率年3.0%~18.0%
限度額最高800万円

アイフルにも貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローンの『借り換えMAX』という総量規制の例外を適用した商品があるので借り換えにおいても万全です。上記大手消費者金融と違うところは、借り換え可能金額が1万円~800万円と他社より大きくなっているところです。

この貸金業法に基づく計画返済支援おまとめローンの適用金利は実質年率3.0%~17.5%ですので、最大金利が適用されても消費者金融の借り換えであれば多少金利は低くなります。

消費者金融で借り換えを利用する場合のメリットとデメリット

消費者金融で融資を受けた分を借り換えローンで利用する場合、実際に申し込む前にメリットとデメリットについて考えてみましょう。まず、借り換えローンを利用する場合のメリットとしては、

 

低金利で借り換えることで毎月の利息が軽減されるという点があります。


また、複数から借入を受けている場合でも借り換えることで

 

複数ある返済先への返済を一本化できる


というのもよくあるメリットのひとつと言えるでしょう。いずれにしても、借り換えを行うメリットとしてはいかに返済を楽に、手軽にできるかという点がありますがその際も在籍確認はあるのです。

確かに金利が低いところと借り換えをすることができればそれだけ毎月支払う金額の負担も少なくなり、トータルの返済金額も減らすことができます。また、複数から借りているものをひとつに借り換えることでそれまで複数のところに返済していた先もひとつにまとめることが可能となりますのでそれだけ支払の手間を省くことができます。その結果返済先の管理も楽にできるというのが借り換えのメリットとなります。銀行の即日融資が難しいのですが大手消費者金融なら可能と言う点もメリットだと言えます。

銀行の即日融資の参照URL:銀行では即日融資のカードローンはあるの?

とはいえ、メリットばかりではないのが借り換えというものです。借り換えを消費者金融業者にお願いする場合、必ずついて回るのが総量規制という法律です。これは年収の3分の1までしか融資を受けることができないという制限なのですが、たとえば複数の借り換えを消費者金融にお願いする場合、年収の3分の1を超えると「返済」のみのローンとなります。

つまり、借り換えたい金額が年収の3分の1以上の場合には借り換えた後に消費者金融から追加でお金を借りることができないということになります。限度額の範囲であれば繰り返し利用ができるのが消費者金融の特徴でもありますが、返済のみのローンとなるとなかなか不便なのではないでしょうか。

もしも他の消費者金融に申し込んだとしても総量規制の関係から借りることができないのは同じです。総量規制の制約を受けない銀行のカードローンであれば対応可能なので、そうした理由から借り換えにおいては銀行のカードローンの方が人気が高いのではないでしょうか。

消費者金融の借入からの借り換え方法

消費者金融の借入からの借り換えすることのメリット

消費者金融におけるメリットには、即日融資に代表されるスピーディーな審査と、誰でも手軽に申し込むことができる手軽さが挙げられます。

借り換え目的で消費者金融を利用する場合についても、この時と同じメリットが考えられます。手軽に借り換えを利用したい、あるいは少しでも早く借り換えをスタートさせたい、こうしたニーズを持っている人であれば消費者金融を借り換え先として考えてみると良いかもしれません。

消費者金融の借入からの借り換えの失敗例

いくら手軽に利用することができるとはいえ、借り換えの利用先として消費者金融を利用する場合には必ずしも成功するばかりとは限りません。借り換えにおける失敗例のひとつが、金利の低いところに借り換えることができたものの、かえって返済期間が長くなってしまったというケースです。

現在利用しているところよりも低金利で借り換えるというのは、借り換え目的におけるひとつのメリットではありますが、その結果毎月の返済金額も少なくなるというケースも考えられます。

毎月の返済金額が長くなれば完済までの返済期間も長くなってしまい、結局合計の返済金額についてもかなり高額になってしまうことがあります。借り換えた際には毎月の返済金額について現在と比較してどの程度の金額となるのかということも含めて返済計画を経てておくことが大切です。

消費者金融の借入を消費者金融で借り換える場合

現在消費者金融で借り入れている場合、それを消費者金融で借り換えるということであれば、審査では既存の借入に対する返済状況について確認が行われます。

借り換えとはいえ既に何らかの借入を受けている状態で融資を申し込むことになりますので、既存の借入における返済状況によっては借り換えができない可能性もあります。

消費者金融の借り換えでは、低金利で融資を行う必要があることから基本審査についてもやや審査基準のハードルが高くなると考えておいた方が良いでしょう。

総量規制が消費者金融への借り換えの障害となる

消費者金融で融資を受ける場合、総量規制が適用されますので借入残高の総額は年収の3分の1までと決められています。借り換えにおいては総量規制の例外規定が適用されますが、この場合は利用者にとって有利な条件での借り換えを行う必要があります。

そのため、消費者金融の借り換えでは銀行カードローンでの借入については対応できない場合がほとんどです。

金利で比較した場合、消費者金融に比べて銀行カードローンの方が低金利で利用できる場合が多く、既に銀行カードローンで借入を受けている場合には有利な条件での借り換えができないためです。借り換えを行う場合にはこうした既存の借入先の条件についても確認しておく必要があります。

総量規制の例外を利用して消費者金融に借り換える

消費者金融で融資を受ける場合に適用される総量規制ですが、先程のケースでも出てきた例外規定を適用することで年収の3分の1を超えて借入を受けることができます。特に借り換えともなれば高額の融資が必要な場合も多く、年収の3分の1を超えた金額を借り入れなければならない可能性もあります。

このような場合には、例外規定を適用することによって必要な金額を消費者金融から借入を受けることができます。

消費者金融の借入からの借り換え審査は厳しい?

消費者金融から借入を受けている場合の借り換えの審査ですが、通常の融資を受ける場合と比べても審査基準はやはり厳しいものがあると考えておいた方が良いでしょう。たとえば借り換え先として銀行カードローンを考える場合、既に借入がある状態で融資を申し込むことになる関係から審査で確認される項目は通常の場合よりも多くなります。

当然ながら既存の借入における返済状況をはじめ様々な部分で確認が行われることになりますので、少しでも不備があれば審査に通ることは難しいといえるでしょう。では消費者金融の場合はといえば、基本的には消費者金融でも銀行カードローンと同じく審査で確認される項目は通常の融資と比べると異なります。

ただし、消費者金は銀行カードローンと異なり借り換えに特化した専用のローン商品が用意されていることから、銀行カードローンよりも借り換えに対して積極的に取り組んでいる傾向があります。消費者金融の方が借り換えの審査に通りやすいというわけではありませんが、借り換えに対するスタンスには消費者金融と銀行とで違っています。

消費者金融の借入からの借り換えの審査・申込で注意すること

消費者金融の借入における借り換えで注意すべき点は、既存の借入に対する返済期間とその返済状況です。まず、既存の返済期間についてはできるだけ長い期間があればそれだけ判断できる期間も長くなりますので審査での評価が変わってきます。

逆に短すぎると返済状況を判断することが難しくなりますので、既存の借入における返済期間はある程度の期間積み上げていることが望ましいでしょう。また、既存の返済状況については滞納などがないことが審査での評価が高くなることは言うまでもありません。

もしも滞納などがあった場合にはそれだけでも審査に通らない要因となりますので、注意したいところです。

借り換えローンやおまとめローンについて教えて下さい

Question

1社の消費者ローンに100万円、1社のクレジット系のカードローンに120万円、2社の銀行系のカードローンに150万円の借金があります。合計370万円の借金をまとめたいと思って、おまとめローンの申し込みを4社に行いましたが審査に通りませんでした。

年収は550万円で47歳の独身です。2年6カ月間、現在の会社には勤めています。審査にはどうすれば通るのでしょうか?
また、マンションを持っていますが、借金をそのマンションを担保にして行う事はできるのでしょうか?

Answer

自転車操業はこの際やめましょう。おそらくおまとめローンは無理でしょう。勤続年数が足りないのです。あなたの場合に最もおすすめなのは任意整理です。

任意整理というのは、公的機関である裁判所などを利用しないで、直接債権者であるクレジット会社や消費者金融や銀行と交渉を行って、元本の返済に今まで払ってきた高い金利分を組み込んだり、先々の利息を削減したりするなどして、債務の圧縮を行う手続きの事です。

借金の期間が長い程、過去に払った利息がたまって、計算を再度行うとすでに借金が無くなっていたり、さらに払い過ぎていたりすることもあります。このような過払金というのは取り返せることがあります。さらに、任意整理は、個人再生や自己破産のように裁判所を利用する手続きとは違って、交渉を行う相手を選択する事も可能です。

この任意整理の手続きによって削減した借金を3~5年の間に返していきます。一方、マンションを担保にすれば、場合によっては貸してくれるところもあるかもしれません。でも、いかに金利が低いと言っても、消費者金融とカードローンの引き直しの金額を考慮すると、弁護士の費用がかかったとしてももっと効果が大きいと思います。

あなたの一番おすすめなのは、5~7年程度カードを絶って借り癖を直す、という方法のような感じがしますが、いかがでしょうか。

借り換えに関する最近の業界の動向

2017年後半より銀行カードローンに激震が走りました。自己破産者が増えた事により、総量規制以後貸付残高が減っている消費者金融等の貸金業者に対して、これを大きく上回る貸付残高を記録している銀行カードローンに金融庁のメスが入ったのです。

規制の対象になっているのは銀行カードローンの、

 

  • おまとめローンや借り換えなどの商品
  • 即日融資などの簡単に借りれる印象のある商品
  • 自身に収入がなくても借りれる専業主婦への商品

です。そうです。自己破産に近い状態の方に貸すことをよしとしない方向に動いているのです。おかげで銀行カードローンのおまとめローンや借り換え商品がほぼなくなり、消費者金融に頼らざるを得ない状況です。

全く公文書書き換えという前代未聞の大失態を犯した財務省下の金融庁はなにを考えているのでしょうか?

財務省

Copyright© 借り換えは消費者金融でやるべき?※メリットとデメリットについて考える , 2018 All Rights Reserved.